体の内側からのケアも必要?最適な育毛ケアで薄毛の悩みを解消


生活習慣を改善させて体の内側からケア

薄毛の原因には様々なものがありますが、ストレスもその一つです。環境の変化などによって抜け毛が増えたと感じる場合は、ストレスが原因となっている可能性が高いです。薄毛対策において大切なことは、原因を特定してその原因にしっかりとアプローチすることです。ストレスが原因である場合は、体の内側からのケアが必要になります。体の内側からのケアとして積極的に行うべきことは、生活習慣の改善です。安眠に誘い疲労を回復させたり自律神経の乱れを正常化させたりする、日常生活の中にリフレッシュ出来る趣味やリラックス出来る癒しを意識的に取り入れる、疲労回復効果が得られるビタミンB群や抗ストレス作用を持つビタミンCを食事やサプリで積極的に摂取するなどがそれにあたります。

シャンプーと育毛剤による物理的なケア

生活習慣の改善による体の内側からのケアにプラスして積極的に行うべきものが、シャンプーと育毛剤による外側からの物理的なケアです。体の内側からのケアとの相乗的な効果が期待出来ます。まずは、日頃のシャンプーの方法を見直してみるということから始めてみましょう。薄毛の大敵となるNG行為として、不十分なすすぎがあります。すすぎが不十分でシャンプーの泡が残っていると頭皮環境の悪化につながってしまいますので注意が必要です。育毛剤は、地肌を柔らかくほぐすような感じでマッサージしながら馴染ませましょう。血行が促進されて育毛剤に含まれる有効成分の浸透力が高まりますし、リラックス効果が得られて精神面にも良い影響をもたらしてくれます。頭頂部にはストレスの緩和に効果的な百会というツボがあります。ツボ押しも兼ねて頭皮ケアをすれば、ストレスによる薄毛の対策になります。

育毛剤で頭皮マッサージをすると、抜け毛予防効果だけではなく顔のリフトアップ効果も期待できます。頭皮と顔の皮膚はつながっているからです。

Share