どうして脱毛ができるの?意外と知らない「レーザー脱毛」の仕組み


なんでレーザーで脱毛できるんだろう?

これからレーザー脱毛をしてみようと考えている方も、したことがある方も、どうしてレーザーで脱毛ができるのかについて知らない人は多いのではないでしょうか。考えてみると不思議ですよね。なぜ毛にレーザーを当てるだけで脱毛ができるのでしょう。今回は、そんな意外と知らないレーザー脱毛の仕組みについて、詳しく見ていきたいと思います。

そもそも「レーザー」ってなに?特徴は?

まず、脱毛で使われているレーザーをわかりやすく説明すると、「直進する光」のことです。電球などの普通の光は四方に散っているため、どの方向からも見ることができますが、レーザーの光は多方向に散らばりません。また、レーザーは普通の光と比べ、全ての光の波の波長が揃っていたり、より黒いものに吸収されやすいといった特徴があります。次に、これらレーザーの特徴が、どのように脱毛に関わってくるのかについて詳しく解説します。

レーザー脱毛の仕組み

それではいよいよ本題です。レーザーを用いるとなぜ脱毛ができるのでしょうか。先程レーザーは黒いものに吸収されると述べました。そう、黒い色のムダ毛がレーザーを吸収し、その熱が毛の周囲の細胞が破壊することにより脱毛ができるのです。さらに、レーザーの他の特徴である直進性や波長が揃っていることも、脱毛において有効に働きます。これらのお陰でレーザーは、大きさがほぼ同じダメージをまとめて毛根に与えることができ、脱毛をより効果的に行うことができるのです。

レーザー脱毛についてのまとめ

レーザー脱毛の仕組みについて理解することはできましたか?これから脱毛を考えている人もいない人も、この記事が何かのお役に立てたのならば幸いです。レーザー脱毛で、ムダ毛を気にすることなく、好きな服を着て楽しく過ごせればいいですね。

医療レーザー脱毛は、エステに比べて照射出力が高いので、より確実により短期間で終了することができます。

Share