歯の神経にまで虫歯が達してしまった時に行う根管治療とは?


根幹の中にある「歯髄」って何?

歯の表面はエナメル質で覆われており、その奥には象牙質があります。そして象牙質内には歯髄が通る根幹が存在します。歯髄は歯の神経と呼ばれることもあり、知覚を司っているのみならず象牙質に栄養を補給するはたらきもあるため歯の生育には欠かせない存在です。

根管治療が必要な疾患とは?

ミュータンス菌などの原因菌によって引き起こされる歯が欠損する疾患のことをう蝕と言い、虫歯と呼ばれることが多いです。虫歯がエナメル質、象牙質だけではなく歯髄にまで達した状態を歯髄炎と言い、飲食の際に冷たいものが歯にしみたり、あるいは何もしていなくても痛みを感じることもあります。歯髄炎は可逆性歯髄炎と不可逆性歯髄炎に大別でき、後者は根管治療が必要です。歯髄炎の治療をせずに放置しておくと歯髄壊死となります。歯髄が壊死すると今度は痛みが無くなり、歯が黒く変色します。更に放置を続けると細菌によって歯髄が腐敗し、歯根の先端部分が炎症を起こし膿が溜まってしまいます。この状態を根尖性歯周炎と言います。

根管治療の流れについて

根管治療を行う際には、まず歯を削って歯髄を露出させる必要があります。次に専用の器具を用いて歯髄を取り除きます。これを抜髄と言います。根幹の中には歯髄の代わりとなる薬剤が充填されます。

ある程度の根気が必要

進行度によっても変わってきますが根管治療を完了させるには歯医者に2~4回は通う必要があるため、根気のいる治療法と言えます。しかし面倒だからといって放置しておいても症状は良くならないため、なるべく早く治療を受けるといいでしょう。

根管治療は虫歯による痛みや炎症を取り除くことが出来るだけではなく、自分の歯をそのまま残すことが出来るというメリットもあります。

Share