ボトックス注射の特徴やその効果を知りたい


どのような特徴があるのか

ボトックス注射と言えば、美容整形などによく使われる注射になります。ボトックス注射の特徴は、筋肉を軽く麻痺させる働きがあることです。よく、小顔にするためにボトックス注射を打つ人がいます。これは顔に注射をすることで、顔の筋肉が軽く麻痺してその部分が縮小する効果が期待できるからです。顔が大きな人は、エラが張っていることが多いですがこのエラ自体は骨によるものよりも筋肉が発達しすぎてエラが目立っていることの方が多くなります。そこで、筋肉が発達している部分に注射をすることで小顔が完成するのです。それ以外にも、ふくらはぎなどの太さを気にしている人に対しても、ボトックス注射を打つことで良い結果を出すことができるでしょう。

どの程度効果が期待できるか

ボトックス注射は、概ね効果が期待できるとされています。より効果的に注射をするためには、皮膚の表面ではなく筋肉にまでボトックス注射を到達させることが重要です。筋肉に到達すると、1週間もするうちに注射をした周辺が小さくなっていくことに気が付くはずです。1週間から1カ月ぐらいが一番ピークで、それ以降少しずつ筋肉の働きが戻ってくることになるでしょう。効果は半永久的ではなく、長くても半年程度とされています。そのため、半年経過したぐらいにもう一度ボトックス注射を打たなければ、効果の持続を期待することは難しいです。ただ、人によっては2回目の注射の時に効果が半年程度ではなく 1年以上続くこともあるとされています。ただし、はっきりとした効果を出したいからとたくさんボトックス注射を注入すると、筋肉が完全にマヒして私生活に影響を及ぼしますので注意しなければいけません。

A型ポツリヌス菌から抽出した毒素のことをボトックスと呼びますが、ポトックスは筋肉の麻痺を引き起こす原因にもなります。ただ現在では医薬品としても認められています。

Share